紫のオーラが恋愛で最強!!魅力的な自分になる方法

オーラを纏っている人を見たことがありますか?

その中でも紫のオーラを纏ってる人は魅力的でカリスマ性があり、恋愛においても確実にモテます。

オーラ鑑定士も認めているほど紫のオーラは数あるオーラの中でも最強クラスといえます。

もしそんな人になれたらどうしますか?

実はあるんです。

今回はそんな魅力的な自分になる方法を紹介します。

日本の伝統色 貴族の色

紫色は古代より高貴な色とされています。中国・前漢の武帝は紫を好むといわれています。

紋章学でも用いられ、中世ヨーロッパの貴族社会で使用されてきました。

西洋では高貴な身分の者しか身に着けることができなかった色となります。

下記参照

オーラを纏ってる人とは?

例えば、オーラを纏ってる人は誰を想像しますか?

私で言えば、芸能人の美輪さんだと思います。叶姉妹も思い浮かびますね。

【DVD付き】叶 美香 写真集 『Melting II Precious Morning』

だってカリスマ性が凄くないですか?見た目からも圧倒されてしまいます。

舞台などを拝見してみるとそれが良くわかりますよ。

声でもカリスマ性を感じますね。もののけ姫を見るとよくわかりますね。

【関連記事】

紫色を作るには、何色と何色を混ぜればいいか知ってますか?

紫はカリスマをイメージさせる

恋愛や仕事で圧倒的な存在になりたいなら、紫を好む人を観察するといいですよ。

なぜなら紫色を好んだり、紫のオーラを纏ってる人は往々にしてカリスマ性があります。

カリスマ性を獲得することで、あなたも魅力的な人物になることができます。

紫色のオーラはなぜ恋愛で最強なのか?

紫色のオーラが最強である理由は、カリスマ性があるからです。カリスマには、超人的な資質や能力を持ち、人を惹きつける力があります。

恋愛においてこのカリスマ性を持っていると、相手を惹きつけることができるので、恋愛が成功しやすくなります。

カリスマ性はみにつける事ができる

カリスマ性は生まれ持ったもので、身につけることはできないと思われがちですが、テクニックによって後天的に獲得することができます。

カリスマ性を獲得する3ステップ

  • 存在力を高める 
  • パワーを持つ 
  • 温かさを持つ

【カリスマ性を持つために】存在力を高める

存在力を高めるとは、相手の注意を自分に向かわせるようにすることです。つまり、存在力が高いと相手の注意を自分に向けることができます。

自分に注意を向かせる方法

  • 相手の目をみて会話する 
  • 堂々とする

この2つの方法を意識して振る舞うことで、自分に注意を向かせる事ができます。

【カリスマ性を持つために】パワーを持つ

カリスマ性を持っている人はパワフルで権威性を持っています。何か成し遂げるために、周囲に影響を与えることができます。

パワーを持つ方法

  • 筋肉をつける 
  • 自信を持つ 
  • 知識をつける

この3つを持つように日々努力しましょう。筋トレをし、勉強をし、マインドを鍛えましょう!

オススメの筋トレはこちら

どーもsuzukiです。 以前、プロ格闘家である堀口恭司さんの減量方法を紹介しました。 以前の記事はこちらからどうぞ ...

【カリスマ性を持つために】温かさを持つ

カリスマ性がある人は温かさを持っています。優しさと置き換えてもいいですね。

人は温かさを見せられると好意的になりますよね。

物事を達成するために冷徹になることも必要ですが、それだけでは人はついてきません。

本当に人を惹きつけるためには、打算的に優しさを演出するのではなく本当に自分の心から温かみを見せることができるようにしましょう。

温かみをだすためには?

温かみをだすためにはストレスをためないことが大事です。ストレスを貯めて自分の心が疲弊しているときに、他人に優しくすることはできないですよね。

適度に運動をしたり休暇を取ったりして、ストレスを溜めないような生活を心がけましょう!

魅力的な自分になるために

魅力的な存在になりたいならカリスマ性をみにつけましょう!

カリスマ性は

  • 存在力
  • パワー
  • 温かさ

の3つを持つことで、獲得できます。

紫色の恋愛の効果

補足として紫色が恋愛にどのような効果があるかまとめた記事があるので紹介します。

色彩心理学に興味がある方はお読みください。

あなたは何色が好きですか? 様々な研究から、色の好みと性格にはある程度相関関係があることが分かっています。 つまり、色...

色について詳細なことが知りたい人はこちらに詳しく記載されています。

応援よろしくお願いします。


恋愛テクニックランキング
オーディオブック
AUDIBLE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする