告白したのに信じてもらえなかった時どうしますか?

勇気をもって告白したのに、冗談だと思われて信じてもらえなかった経験ってありますか。本気で告白したのに、信じてもらえないとツライですよね。

私も、学生時代に仲の良かった女の子に告白したときに、本気にしてもらえなかった経験があります。そのような時に役に立つ心理学テクニックがあるので紹介します。

誰でも簡単にできるテクニックなので、もし同じような状況にある方は試してみると、うまくいくかもしれませんよ。

告白を信じてもらうためには?


告白を信じてもらうためには、おちゃらけた感じではなく相手に本気であることを認識させる告白をするようにします。

そのためには、相手の承認欲求を満たすように告白するといいですよ。 なぜなら、相手の承認欲求を満たすことで相手に真剣さを伝えることができます。

最初に承認欲求について説明し、その次に承認欲求を満たす具体的な方法を述べてゆきますね。

承認欲求とは

承認欲求とは、自分が価値のある存在であると認めれれ、尊重されることを求める欲求のことです(下図参照)。 つまり、相手に認められたい欲求のことです。

承認欲求を満たしてあげることで、友達というより、人間対人間の真剣な関係を築くことができるようになります。

次に、承認欲求を満たす告白の具体的な方法を説明します。

引用: マルカワみそ
https://marukawamiso.com/blog/?p=10260


方法

具体的な方法としては、告白するときにちゃんと相手の目をみるようにします。また、相手の返答に即答せず、きちんと考えてから話すようにしましょう。

さらに、自分や相手が話す時は相手の目を見るようにしましょう。

そうすることで、相手の承認欲求を満たし相手と自分は今、真剣な対応をしているということを認識させます。

まとめ

信用してもらう告白の方法は2つあります。

  • 相手の目を見て話す
  • 相手の返答に即答しない

この2つを意識して告白してみてください。相手に真剣さが伝わり信用してもらえると思いますよ。

この方法以外にも相手に信じさせる方法があります。もっと知りたい方はこちらの記事も読んでくださいね。

あわせて読みたい

http://xn--48s74hyl00a150e.net/%e8%a6%96%e7%b7%9a%e4%ba%a4%e9%8c%af%ef%bc%88%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%af%e3%83%88%ef%bc%89%e3%81%8c%e7%9b%b8%e6%89%8b%e3%81%ab%e4%b8%8e%e3%81%88%e3%82%8b%e5%bd%b1%e9%9f%bf/


オーディオブック
AUDIBLE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする