接客のプロであるホストから学んだ相手を虜にする方法

ホストから学ぶ相手を虜にするテクニック

ホストクラブやキャバクラに行ったことはありますか?彼らはお客を楽しませることで、お金を稼いでいますよね。

いわば、彼ら彼女らは接客のプロでお金を払っても会いたいと思ってもらえる人間です。

今回は、そのようなホストやキャバクラ嬢たちはどうしてお客の心を虜にしているか考えてみます。

今回学べること:ホストから学ぶ相手を虜にするテクニック

Technique1 マメである

ビジネスのイラスト「万能ビジネスマン」

ホストやキャバクラに行ったあと、必ず電話営業やLINEがありませんか?最初は営業電話なんてウザいと思って、出なかったり無視しちゃいますよね。

でも、いつの間にか電話にでちゃったことってありませんか?

また、LINEに返信しちゃったことってありませんか?

そうなんです。彼らはマメなんです。常にお客に自分のことを考えさせています。

つまり、彼らは常に相手の潜在意識に自分のことを忍ばせています。

そのため、最初は興味がなくてウザいと思っていた連絡が、だんだん興味がでてきて彼らからの連絡に返信してしまうのです。

特に自分が落ち込んでるときや、嫌なことがあった時に連絡があると返信しちゃいますよね!

彼らは毎日、決まった時間に連絡をすることで相手に自分の興味をもってもらうように誘導しているんです。

Technique2 自分を下げてコミュニケーションをとる

お辞儀をし合うビジネスマンのイラスト(男女)

ホストやキャバ嬢から連絡きたら絶対営業だと思いませんか?

そうです、彼らは自分に興味があるから連絡してくるのではなく、あなたにお店に来てもらいたいから連絡しています。

もちろん、彼らは営業で連絡しているのですが、それはお客であるあなたも認識しているので、それを悟られないように誘導してゆきます。

それがテクニック2の自分を下げてコミュニケーションをとる方法です。

彼らが営業の連絡をするときに、最初から「お店に来て」とは言いません。

まずは、全然関係のない話から始めます。

特にくだらない話や下ネタなどどうでもいい話から始めて相手の緊張をほぐしてゆきます。

営業だと分かっていると人は防御反応をとって緊張状態になります。

だけど、くだらない話をしてゆく内にだんだんと緊張状態がなくなってゆき、営業電話だということを忘れてしまいます。

そのようなリラックス状態にしてから本当にして欲しいことを(お店に来てもらう)要求します。

Technique3 相手に対して肯定的な反応をする

笑顔の猫のキャラクター

ホストの接客を観察してみると、彼らはお客に対して常に肯定的に接していることが多く見受けられます。

また、お客に対して適切なリアクションをとっています。

考えてみてください。自分の意見や行動に対して、否定的だったり反応がない人といてもつまらんなくないですか?

相手に対しては肯定的に接し、きちんとリアクションをとってコミュニケーンをよるようにしましょう。

オーディオブック
AUDIBLE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする