【平成女子】VS【昭和女子】相手に求める結婚の条件は?

平成が終わり令和になりましたね。

そこで今回は、平成生まれ(1989年~)女子の恋愛観や平成に流行った恋愛映画などを紹介してゆきます。

その結果、平成生まれ女子が結婚相手に求める条件や告白の方法などが、昭和生まれ女子とは違ってきていることが分かりました。

時代とともに恋愛事情も変わってきているのがよくわかりますよ!

結婚相手に求める3条件

厚生労働省の2014年の調査によると、女性の平均初婚年齢は29.3歳であり、ますます晩婚化していることが分かりました。

また、国立社会保障・人口問題研究所(※)の調査では、女性が結婚相手に求める条件で、回答した割合が多いものは以下のようになりました。

結婚相手の条件

  • 人柄
  • 家事・育児に対する能力や姿勢
  • 経済力

※参考:国立社会保障・人口問題研究所 2012

上記の3条件の中で特に重視されているのが、「人柄」でした。

昭和の時代は「経済力」が男性に求められていましたが(いわゆる三高ですね)、平成では「人柄」や「家事・育児に対する能力や姿勢」といった意識の高さや人格がある男性を、女子が求めていることが分かりました。

昭和の結婚観:三高

  • 高学歴
  • 高収入
  • 高身長

未婚率の増加

内閣府の「2018年版少子化対策白書」のデータから男性と女性の未婚率も平成に入ってくらいから、増加してきていることが分かります。

以下にnippon.comの図を引用します。

引用開始

引用終わり

さて、令和の恋愛事情はどうなってゆくのでしょうか?

告白の方法

昭和に生まれた女子の告白の方法は、手紙だったり屋上や体育館に呼び出したりして、告白をしていませんでしたか。 しかし、平成女子になると告白の方法も変わってゆきました。

平成女子の告白方法

  • メール
  • 携帯電話
  • SNS

昔はラブレターが下駄箱に入ってないか、何回も覗いていましたが、今は携帯やLINEの着信がないか何回も確認しちゃいますよねwww

昭和と平成の女の子の恋愛事情をCanCamが調べたものがあったので、引用します。昭和と平成でずいぶんと変わりましたよね。

出典:CanCam.jp

平成にヒットした恋愛映画

平成の恋愛映画で一番多くの人に観られたものは何でしょうか?そこで、「国内映画興行収入ベスト10」を紹介します。

国内映画興行収入ベスト10 (1989~2019年)

第1位 『千と千尋の神隠し』2001年 304億円
第2位 『タイタニック』1997年 262億円
第3位 『アナと雪の女王』2014年 255億円
第4位 『君の名は。』2016年 247億円
第5位 『ハリー・ポッターと賢者の石』2001年 203億円
第6位 『ハウルの動く城』2004年 196億円
第7位 『もののけ姫』1997年 192億円
第8位 『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』                              2003年 174億円
第9位 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』2002年 173億円
第10位 『アバター』2009年 156億円

この中では「タイタニック」が恋愛映画ですね。主演のレオナルド・ディカプリオと相手役のケイト・ウィンスレットの船の先端でのシーンはみなさん真似していたのではないでしょうか。

あらすじを載せておきますね。

ストーリー

1912年、イギリスのサウザンプトン港から豪華客船タイタニックが処女航海に出発した。新天地アメリカに夢を抱く画家志望の青年ジャックは上流階級の娘ローズと運命的な出会いを果たし、二人は互いに惹かれ合う。そこにはローズの婚約者である資産家キャルや、保守的なローズの母親などの障害が横たわるが、若い二人はそれを超えて強い絆で結ばれていく。しかし、航海半ばの4月14日、タイタニック号は氷山と接触。船は刻一刻とその巨体を冷たい海の中へと沈め始めていた……。

yahoo!Japan 映画

番外編~平成邦画興行収入~

番外編として平成の邦画の興行収入ベスト10ものせときます。

国内邦画興行収入ベスト10 (1989~2019年)

第1位 『千と千尋の神隠し』2001年 304億円
第2位 『君の名は。』1997年 247億円
第3位 『ハウルの動く城』2014年 196億円
第4位 『もののけ姫』2016年 192億円
第5位 『 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 』                             2003年 174億円
第6位 『崖の上のポニョ』2004年 155億円
第7位 『 借りぐらしのアリエッティ 』1997年 93億円
第8位 『名探偵コナン ゼロの執行人』2003年 91億円
第9位 『コード・ブリー -ドクターヘリ緊急救命-』2002年 88億円
第10位 『ROOKIES 卒業』2009年 86億円

個人的にオススメなのは、次点にランクインした「世界の中心で、愛をさけぶ」が泣きましたね。「セカチュー」ブームが起きてましたよね。

平井堅さんの「瞳をとじて」を聞くと今でも泣けそうですwww

この時の日本アカデミー賞の助演女優賞は「長澤 まさみ」さんが受賞しています。ちなみに興行収入は85億円でした。

以下ストーリーをTBSチャンネルから引用します。

世界の中心で、愛を叫ぶ (2005)

【ストーリー】
朔太郎(大沢たかお)はまだ、婚約者・律子(柴咲コウ)との結婚に現実を感じていない。そんな時、律子は二人の新居に書き置きを残して突如失踪する。律子の行き先が、自分の故郷の四国だと知った朔太郎は、彼女を追いかけるため故郷へと向かう。そこには朔太郎の初恋の相手・アキとの思い出が眠っていた…。高校生の朔太郎=サク(森山未來)とアキ(長澤まさみ)は高校2年生の夏、もどかくしも淡い恋を育んでいた。下校時にスクーターで2人乗りをしたり、ウォークマンでお互いのことを交換日記のようにやりとりしたり、2人の初恋は純粋な瞬間の連続だった。ところがアキが不治の病、白血病だと分かり事態は急変する。懸命に生きようとするアキと、アキが直面する現実を信じたくないサク。やがて二人は…。
朔太郎が律子を探すため辿る四国での道程で、当時の思い出がまざまざと甦っていく。そこにはある「真実」が隠されていた…。

引用終わり

平成女子の好きなドラマ

次に平成女子はどんなドラマを見ていいたのでしょうか。平成のドラマ視聴率をランキングしました。

平成ドラマ視聴率ランキング (1989~2019年)

第1位 『半沢直樹』2013年 43.7%
第2位 『Beautiful Life ~ふたりでいた日々~』2000年 41.3%
第3位 『家政婦のミタ』2011年 40.0%
第4位 『ひとつ屋根の下』1993年 37.8%
第5位 『 GOOD LUCK!! 』2003年 37.6%
第6位 『家なき子』1994年 37.2%
第7位 『 HERO 』2001年 36.8%
第8位 『101回目のプロポーズ』1991年 36.7%
第9位 『ロングバケーション』1996年 36.7%
第10位 『GTO』1998年 35.7%

「Beautiful Life」以降は、恋愛系のドラマで大ヒットしたのはないんですね。最近の恋愛ドラマでヒットしたのは、「逃げるは恥だが役に立つ」でしょうか。

2016年に最高視聴率で20.8%をたたき出しました。しかし、「Beautiful Life」のように40%以上の視聴率を取れるドラマはもうでてこないのでしょうか?

逃げるは恥だが役に立つ

最近の女子は、積極的になってきたのか、男性が草食化してきたのか、平成は女性の立場が強くなってきましたね。

派遣切りといった社会問題も織り交ぜたラブコメディとなっていて、ドラマの最後に流れる逃げ恥ダンスも流行りましたよね!

ドラマの内容もおもしろいですが、タイトルも個人的には結構好きです。タイトルの意味は、ハンガリーのことわざで、「恥ずかしい逃げ方だったとしても生き抜くことが大切」という意味です。恋愛や仕事で失敗しても生きていればいいこともまだまだ一杯ありますよ!

「逃げ恥」をまだ見てない方のために、あらすじだけ載せておきます。

あらすじ

大学院を出ながらも就職難で派遣社員になった森山みくりは、いわゆる派遣切りに遭い、無職の身となってしまう。求職中の娘を見かねた父は、家事代行サービスを利用していた元部下・津崎平匡が折りよく代行の会社を替えようとしていたところを頼み込んで、週1回の仕事を取り付けてくる。
気難しい性格で、あまり他人に構われることを好まない津崎だったが、みくりとは適度な距離感を保って良好な関係を築く。だが、定年を機に田舎へ引っ越すという願望を両親が叶えることになり、現状を維持したいみくりは津崎に「就職としての結婚」を持ちかけ、その提案にメリットを感じた津崎は了承し、2人は「雇用主と従業員」という関係の契約結婚という道を選ぶ。
結婚式も挙げず事実婚という体で周囲への挨拶を乗り切ったみくりと平匡だが、2人のよそよそしさをいぶかしむ平匡の同僚・風見涼太や沼田、みくりの叔母・土屋百合の目をごまかすため「ハグの日」を設けるなどして周囲に親近感を醸し出そうとするうちに、2人の間に本当の恋愛感情が芽生え…。

年代流行.com


女性とのコミュニケーションをよくするために

昭和の時代においては、結婚の条件として、経済的要因や恋愛感情に注目されてきました。

しかし、現代日本においては結婚に経済的要因や恋愛感情だけでなく、男性への意識の高さや子供に対する気持ち、役割意識の違いなど様々なものが求められていることで、結婚が複雑化してしまったように思えます。

昭和に比べて平成は多様な文化になってきたので、女性の立場や環境、恋愛観などを理解して、より良いコミュニケーションをしてゆきたいですね。

女性と良い関係を築くためには、恋愛心理学を理解しておくことが近道となります。多くの心理学研究や、ホストやナンパ師といった女性経験が豊富な人の知見を紹介しています。

女性と仲良くなりたい人は読んでくださいね。

あわせて読む

ホストから学ぶ

営業マンから学ぶ





オーディオブック
AUDIBLE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする