【パーソナルスペース】おっさんが排尿時間から上手な人付き合いを学んだ話

スポンサーリンク

パーソナルスペースを学ぶとイイこと

みなさんは

パーソナルスペース(PERSONAL SPACE)

をご存知でしょうか?

パーソナルスペースを知らなくても、

この人やけに近くて不快だなって思った経験はありませんか?

このパーソナルスペースは

排尿時間と関係があるって知ってました?

今回は、

排尿時間とパーソナルスペースの関係を調べた実験から、

パーソナルスペースから

人付き合いのコツを教えます。

今回学べること

上手な人付き合いができる 

心地よい距離間が分かる

パーソナルスペースって何?

パーソナルスペースとは、

人付き合いをしていく上で

相手と適切な距離感を保つことに関係していて

他人に近づかれると不快に感じる空間

のことを指します。

最初に、

パーソナルスペースが人間に与える影響

を調べた実験を紹介します。

この実験を理解することで、

パーソナルスペースの重要性を理解することができ、

上手な人付き合いの方法を学ぶことができる

ようになります。

実験紹介

アメリカで男子トイレの込み具合と排尿時間を調べた研究

があるので紹介しますね。

この研究では

男性が以下の条件下で

「排尿し始める時間」と「排尿の継続時間」の2つを調べました。

条件

  1. 被験者のすぐ隣で他の人が排尿する
  2. 被験者から一つ離れた便器で他の人が排尿する
  3. 誰もいないトイレで排尿する

結果

1の条件で排尿が始まる時間と排尿継続時間が

一番長くかかったことが分かりました。

一方、

2と3の間ではほとんど差はみられなかった

ことが分かりました。

つまり、

人はすぐ隣に誰かいると

それがストレスとなって体に影響を与えてしまうことが分かりました。

実際、

男性であればおしっこをするときに

隣に人がいると不快になった経験はあるのではないでしょうか。

この研究から、

パーソナルスペースについて正しい認識を持つことで、

相手に不快にさせないような人付き合いができるようになります。

相手に不快と思われない距離を保つことが、

人付き合いのコツですよ!

パーソナルスペースの4分類を知ろう!

これは、アメリカの文化人類学者が分類した、

パーソナルスペースの4分類です。

中心から離れるほど

相手との親密度は低い関係になります。

①密接距離(0~15cm)

ごく親しい人に許される空間

②個体距離(45~75cm)

相手の表情が読み取れる空間

③社会距離(1.2~2m)

相手に手は届きづらいが、容易に会話できる空間

④公共距離(3.5~7m)

複数の相手が見渡せる空間

以下にWikipediaの画像が分かりやすいので、引用しますね。

出典:Wikipedia

快適な距離はどのくらいでしたか?

相手との関係で変わるパーソナルスペース

これまで述べてきたように、

パーソナルスペースは

相手との関係や心理的な親密度よって変化します。

つまり、

親しい人にはより短くなり、

他人にはより遠くなります。

パーソナルスペースを正しく認識することで、

相手に不快な思いをさせることなく、

上手な人付き会いができるようになるといいですね。

おまけ

過去の記事から、パーソナルスペースを簡単に調べることができるテクニックを紹介ています。

興味がある方は、覗いてみてくださいね。

恋愛やコミュニケーションの参考になれば幸いです。

⇒もっと読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました