人種によって髪質が違うって知ってた?日本人のためのヘアケア方法教えます。

人種によって髪質は違います!

髪質って人種によって違います。
つまり、人種によってもキューティクルに違いがあるんです。
だから、人種によってもキューティクルケアの方法が違います。

人種による髪質の違い

まずは人種による髪質の違いを紹介します。

黄色人種

髪が太い。直毛が多い。

白色人種

髪が細い。髪の本数が多い。

黒色人種

縮毛が多い。

人種ごとのヘアケア

次に、人種ごとにキューティクルケアの方法を紹介します。

黄色人種

直毛であるため、髪が曲がりにくい性質がります。
ただし、髪が太いので濡れたままの状態にしておくと曲がったままの状態になってしまいますので、十分に濡れた髪を乾かすことが大事です。

白色人種

髪が細いので、髪がすぐに曲がってしまいます。
また、カラーリングやパーマは髪にダメージを与えやすいので、できるだけ控える
ようにしましょう。

黒色人種

毛量が多いので直毛にする際にキューティクルを痛めやすなってしまうので、ストレートパーマのやりすぎには注意しましょう。
あなたにあったキューティクルケアで人生を変えてみまえんか?

コラム:ニット帽でキューティクルが傷むって本当なの!?

だんだん寒くなってきましたね。寒い日にはニット帽をかぶりませんか?
今回は、ニット帽をかぶるとなぜキューティクルが傷むのかについてお話します。

それはニット帽は静電気を発生しやすからなんです。静電気によってキューティクルが剥がされてしまい、髪がパサついてしまいます。

ニット帽に限らず、ニット素材は静電気を発生させやすいので、静電気対策をしっかりしてキューティクルを守りましょう!

では、静電気対策はどうすればよいのか?それは加湿をすることです。

静電気は水分がなくなると発生しやすいんです。

だから、加湿器などで部屋の加湿をしてヘアケアをすると静電気の発生を抑えることができます。
また、ニット帽やセーターなどのニット素材を着用するときは、ニットをこすらないようにして着用することで、静電気の発生を抑えることができます。

季節に応じたキューティクルケアをしてゆきたいですね!

オーディオブック
AUDIBLE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする