相手に好きになってもらうにはどうすればいい!? 「返報性の原理」で相手に好きになってもらう方法

意中の相手のことがどんなに好きでも、相手が自分のことを好きになってくれなければ恋愛は成就しません。また、奥手なあなたは自分から好意を相手に伝えることは難しいのではないでしょうか?

ここでは、「返報性の原理」によって相手に自分のことを好きになってもらう方法を紹介します。

「返報性の原理」を利用することで相手に自分を好きになってもらう

「返報性の原理」とは人は相手からなにか恩や施しを受けた場合、それを返さなければならないと思う心理があります。

つまり、これを利用して好意があることを相手にアピールすることによって、相手にも自分へ好意を持ってもらうことができます。

例えば、試食などはこの返報性の原理を利用しています。試食したらその商品を購入しないと申し訳なく思ってしまい、商品を購入した経験はないでしょうか。このように「返報性の原理」はお客の購買意欲を高めるのに使用されています。

「返報性の原理」を使用してどのように相手に自分を好きになってもらうのか?

それは、相手に自分が好意があることを認識させることです。

具体的には好きであることを直接伝えます。好きであることを伝えられた相手は、相手のことに興味を持つようになります。また、好意を伝えることが難しい場合は、アイコンタクトや笑顔を相手に与えるようにするのがよいでしょう。

男性は目が合っただけで、女性が自分に好意を持ってるんじゃないかと思った経験はありませんでしたか。好意を持たれた相手には、お返しをしなくてはならない心理が働き、あなたに興味を持ってくれるかもしれませんね。

オーディオブック
AUDIBLE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする