相手にデートを断らせない方法 「ダブルバインド」でデートに誘おう!

意中の相手をデートに誘う時、断られたらどうしようと不安になって、結局、デートに誘うことができない。

そんな人に今回は、デートに誘う時に、成功確率あげる誘い方を紹介します。

すなわち「ダブルバインド」で相手にNOといわせないデートの約束をしましょう!

「ダブルバインド」で相手の選択肢を限定する

「ダブルバインド」とは受け手にAかBの二者択一の選択肢を送り、受け手がそのどちらかに応答しなければならない状況を作るという効果を利用した方法です。

例えば、AかBのどちらが好きか質問した場合、答える選択肢としてはAあるいはBとなり、どちらも嫌いという選択はなくなります。

つまり、この効果を利用してデートに誘うことで、相手にNOといわせずにデートに誘うことができます。

「ダブルバインド」でデートを誘う方法

では、「ダブルバインド」を利用してどのようにデートに誘えばいいのか、具体的な方法を説明してゆきましょう。

例えば、A:「遊びに行くなら、アウトドアかインドアのどっちが好き?」

    B:「どちらかといえば、アウトドア派かな」

    A:「じゃあ、海と山ならどっちが好き?」

    B:「海の方が好きかな」

    A:「じゃあ、今度、一緒に行こうよ。土曜か日曜あたりに」

という具合に、二者択一の質問を相手に投げかけてゆきます。

つまり、相手に突然、「海に行こうよ」と投げかけるのではなく、相手にとって都合のよさそうな質問を二者択一で繰り返すことで、誘うことでデートのアポイントメントの成功確率をあげてゆきます。

ビジネスでも利用できる「ダブルバインド」

この「ダブルバインド」はデートに限らずビジネスなど様々な状況で利用することができます。

相手の好みなどが分からない時なら、例えば、「和食と洋食のどちらが好き」か最初に質問し、次に相手が和食と」答えたら、「ご飯派か麺派のどっちが好き」か尋ねて、どんどん相手の好みを深掘りしてゆきます。

そうすれば、相手の好みを把握することで、相手が好むようなデートコースを提案すれば、デートの」成功確率が上がるでしょう!

オーディオブック
AUDIBLE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする