相手に「気が合うな」と思わせる方法 「ミラーリング」で親近感をUP!

相手と仲良くなりたいと思っても、すぐに仲良くなることはないですよね。そんな時は「ミラーリング」を利用して親近感をアップして仲良くなるきっかけを作りましょう。

「ミラーリング」は相手と動きを合わせる方法です。このミラーリングを使用することで、相手との親近感をアップさせることができます。

「ミラーリング」で親近感を上げる

まずは「ミラーリング」について説明します。「ミラーリング」とは相手が水を飲んだら自分も飲んだり、相手が瞬きをしたら自分も瞬きをしてみたりといった、相手の動作を真似することで親近感を上げる方法です。

相手と動きを合わせると、相手は自分の仲間だと自然に認識し「気が合うな」と思ってしまいます。また、単に動作を真似るのではなく、趣味や慣習も真似すると相手はより好感を持ちます。

すなわち、相手と共通点が多い方がより好感が持たれやすくなります。

「ミラーリング」を恋愛に利用する方法

それは、意中の相手との共通点を多く持つようにしましょう。すなわち、出身地、好きなものや趣味など相手と共通点があればそれを相手にアピールするようにします。

例えば、映画鑑賞が趣味だとします。そこで、相手がどんなジャンルが好きなのか、または、具体的にどの映画が好きなのかをリサーチして、その話しに合わせて会話してゆきましょう。

もちろん、自分が本当に好きなものと相手が好きなものが一致すれば会話も盛り上がりますね。そうでない場合は、事前に相手の趣味や好きなことをリサーチしておきましょう。恋愛において偶然を装うことも、重要なテクニックの一つです。

また、動作については相手が笑ったら自分も笑い、相手が悲しそうな顔をしたら自分もそのようにしましょう。相手に同調することで親近感を与えることができます。

最後に注意点があります。「ミラーリング」を行う時には、自然体で行うようにしましょう。あまりにも不自然に行ってしますと、相手をからかってるんじゃないかと思われてしまいますよ。

オーディオブック
AUDIBLE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする