恋愛と髪の関係は?

綺麗な髪の女性に憧れませんか?

綺麗な髪をしている女性って憧れますよね。
どんなヘアケアをしているか気になります。

そこで、綺麗な髪をした女性がどのようなヘアケアをしているのか考えてゆきます。

髪の構造

髪は主に3層構造からなっており、外側からキューティクル(毛小皮)、コルテックス(毛皮質)、メデュラ(毛髄)で構成されています。ここで、綺麗な髪に見えるのは外側にあるキューティクルが綺麗かどうかによります。すなわち、キューティクルを綺麗に見せることで、髪が綺麗に見えるようになるのです。

逆に言えば、キューティクルがダメージを受け、傷んでしまうと、髪の魅力がなくなってしまうと言えます。

髪がパサついてる女性を見かけたことってありませんか?

枝毛や切れ毛が目立つのは、このキューティクルが傷んでいる証拠なんです!

キューティクルって何?

 
 
キューティクル(cuticula)は髪の一番外側にある物質のことです。
 
辞典を引用すると下記となります。
 
生物体の表面を保護する堅い非細胞性の構造で,表層細胞(動物では上皮細胞,植物では表皮細胞)から分泌される。角皮ともいう。生物体を保護するのに役立つが,そのほか,水の発散を防いだり,逆に外囲からの水や物質の透過を調節するなど,生理的に重要な役割をしている。主成分物質としては植物のクチン cutin,昆虫のキチン chitinなどがある。髪の毛の表面を覆っている薄い細胞の層をさすキューティクルもクチクラと同意である。毛髪には角質化した蛋白質が鱗のように重なっており,健康な状態ではそれがきちんと並んでいるが,パーマやヘアダイ,紫外線などが原因ではがれ落ちてしまうことがある。
 
出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
健康な髪のキューティクルは魚の鱗のようにきちんと並んでいるのですが、傷んだ髪はキューティクルが不規則になった状態となっているんです。

不規則なキューティクルによって、髪がバサついたりツヤが悪くなって見えるんです。規則的なキューティクルにすることで、魅力的な髪に変身することができますよ。

キューティクルにとって良くないこと

  1. 化学的刺激
  2. 物理的刺激

パーマやカラーリングは良くないです。また、ドライヤーやブラッシングも良くないんですよね。

え、それって日常よくやることじゃないですか!?

そうなんです。キューティクルはいつも痛めつけられているんです。そこで、毎日のケアがとても重要なんです。

じゃあ、どうやってケアしてゆくか述べてゆきたいと思います。

シャンプーとトリートメントが大事

使用しているシャンプーを「アミノ酸」入りのものに変えることが重要なんです。

それはどうしてでしょうか?

それは、アミノ酸はキューティクルの保湿成分なんです!アミノ酸ケアをすることで、傷んだキューティクルを
ツルツルでしっとりさせ、綺麗な髪に保ってくれるんです。トリートメントはキューティクルだけでなく、髪の内部の組織
にも栄養を与えてくれるんです。

シャンプーーとトリートメントを上手に使って綺麗な髪を維持してゆきましょう!

最後にまとめです。

綺麗な髪を維持するには、シャンプーでキューティクルのケアをし、トリートメントで髪の内側に栄養を与えてあげること。綺麗な髪は魅力的に見えます。

異性から声をかけられやすくなるかもしれませんね!

オーディオブック
AUDIBLE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする