「メラビアンの法則」を利用した相手に好印象を与える方法! 好印象を与えるには非言語コミュニケーションも大事にしよう!

人は見た目が9割といった本が出版されるほど、外見は相手へ興味を与えるほど重要です。

ここでは、言葉や行動だけでなく見た目がその人を判断する重要な要素の一つであることを調査した「メラビアンの法則」について紹介します。

「メラビアンの法則」を利用することで相手に好印象を与える

「メラビアンの法則」とはアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した法則です。

話している内容、顔の表情やトーンに矛盾するやり取りがあった場合に、どの情報を参考にしたか調べた実験を行いました。

その結果、言語情報が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%でした。

つまり、矛盾する情報があった場合、人は見た目や表情といった非言語コミュニケーションを最も参考にしていることが分かりました。

「メラビアンの法則」で好印象を与える方法

では、「メラビアンの法則」を使用してどのように好印象を与えればよいか?

「メラビアンの法則」によると見た目や表情といった非言語コミュニケーションが重要であることが分かりました。

想像してください?

誠実に見える人は見た目もそれなりにきちんとしてはいないでしょうか。

話しかたや言葉使いなどはきちんとしていませんか。

一方、ワイルドに見える人は行動や言動が男らしかったりするようなことが多くありませんか。

つまり、人は見た目や第一印象によってその人を勝手に判断してしまうのです。

人は言葉や声のトーン、見た目や表情などに矛盾があると、見た目で判断されることが多くなってしまいます。

相手に好印象を与えるためには、相手に良い印象を与える見た目になるよう、身なりを整えたり、きちんとした服装を着用するといった見た目に気をつけて生活したいですよね

オーディオブック
AUDIBLE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする