メタルスライムから学ぶ恋愛心理とは!?

メタルスライムから恋愛心理を考えてみた

       

みなさんは「ドラゴンクエスト」っていうゲームは一度はやったことがあると思います。そのゲームの中に登場するメタルスライムという敵がいますよね。

今回は、このメタルスライムから学ぶことができる「希少性の原理」を恋愛に利用する方法を紹介します。

珍しいというだけで価値がある「希少性の原理」とは?

「希少性の原理」とは珍しいといだけで価値があると思われる価値感のことです。ドラゴンクエストのゲームに登場するメタルスライムというモンスターもこの希少性の原理が利用されていると考えられます。

その証拠に、メタルスライムというモンスターは通常のモンスターよりも遭遇する確率が低くなっています。さらに、遭遇したとしても強くはないのですが逃げ足がとても早いので倒すのが難しいモンスターです。

しかし、倒すと通常のモンスターの何倍もの経験値を得ることができます。すなわち、希少であるためその価値(ゲーム中では経験値)が高く設定されています。

希少性の原理の心理実験

この希少性の原理の心理実験を行った学者がいます。(参照:Mittone,L.,&Savadori,L.2009 The scarcity bias. Applied Psychology:An international review,58,453-468)

その実験によると被験者は実験参加のお礼に様々な商品を選ぶことができました。その結果、選ばれた商品で最も多かったものは商品の金額が高いものではなく、数が少ない商品を手に取る人が多かったという結果が得られました。

この実験から、人はお金の価値よりも希少な物に価値を感じるものだと考えることができます。みなさんも買い物に行ったときに「限定商品」とか「最後の1つ」というキャッチコピーがついている商品はついつい購入してしまった経験はあると思います。

他の人と違うだけで価値がでる

では、この希少性の原理をどのように恋愛に利用するかを紹介します。希少性の原理では、他の人と違うだけで価値がでます。

つまり、他の人とは違う髪型やファッションをしてみましょう。

髪型を奇抜にしてみたり、ファッションを先進的にしてみたりしてみませんか。万人には受けないかもしれませんが、一部の人にとっては魅力的に見えますよ!

また、綺麗な人やかっこいい男性をゲットするにはライバルがたくさんいます。そのようなレッドオーシャンを攻めるよりも、他の人が行かないようなブルーオーシャンで戦った方がライバルが少ないので、恋人をゲットできる確率が上がると考えることもできますね。

オーディオブック
AUDIBLE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする