バツイチの恋人とのクリスマスの過ごし方と誘い方に役立つ恋愛心理学

結婚したカップルの3組に1組が離婚すると言われるくらい、離婚するカップルはとても多い時代になってきました。そんな時代だからこそ恋人がバツイチ子持ちである人も多いと思います。

今回は、シングルファーザーやシングルマザーが恋人とクリスマスを過ごしたいと思っていても、相手の子供や家族に配慮して誘うことが難しいこともあるかと思います。そんな時に、相手に聞きづらいことも聞くことができる方法を紹介します。

「両親が離婚した時の子供の心理」

両親が離婚した時に子供はどのように感じているか

  • 両親が離婚しないように良い子供であるよに振る舞っている
  • 自分がどうにかして離婚を防げないかがんばっている
  • 離婚が自分のせいじゃないかと思ってしまっている。
  • 自分の環境が変わってしまうことに恐怖感を持っている。
  • 離婚をすることで、友達に会えなくなったり生活が大変になったりすることに不安になる
  • 離婚した方が良いと思っていた。
  • 子供自身が離婚をポジティブに考えている

などなど、子供に離婚に対して心理的負担はかかっています。子持ちの恋人とクリスマスを過ごすには子供の心理的負担に配慮する必要があると言えます。

子持ちの恋人とクリスマスを過ごしかた

では、どのように子持ちの恋人とクリスマスを過ごせばいいのか下記のパターンに分けることができると思います。

相手の子供と一緒に過ごす

→相手の子供と自分との関係が良好であれば、一緒にクリスマスを過ごすのが良いでしょう

クリスマスをずらして恋人と過ごす

→クリスマス当日は相手の子供や家族に配慮し、別日で二人で過ごしましょう

二人で過ごす

→相手の意向をきちんと確認してから実行しましょう

聞き出しづらいことを聞く方法

2段階で質問する

相手に聞きづらいことを質問する時は、最初に聞きづらいことを質問するのではなく2段階で質問してみましょう。例えば、「変な質問なんだけどいい?」といった感じで最初に相手の同意を得てから次の質問(本題)をするようにしましょう。そうすることで、一度許可したことに対して否定したくない心理が働きます。

また、返報性の原理も利用してもいいでしょう。

相手に好きになってもらうにはどうすればいい!?

例えば、最初に自分の秘密を開示してしまえば相手も秘密を開示しなければならない心理になりますよ。

オーディオブック
AUDIBLE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする