いつ告白すればいいの?告白するタイミングがわからない時に利用する恋愛心理学!

「意中の異性」と遊びに行ったり食事に行ったりする関係になった後、あなたはどのタイミングで告白しますか?

告白してうまくいかんかったら、この関係が終わってしまうことに怯えて、なかなか告白できないことってありますよね。

また、せっかく勇気を出して告白したのだから少しでも成功する確率が高いタイミングで告白をしたいですよね。

早すぎる告白は失敗を招く確率が高く、一方、遅すぎると友達で終わってしまう可能性があります。そのようにならないために、ここでは、相手に「告白」するタイミングに使用する心理学テクニックを紹介します。

「スリーセット理論」を利用することで告白する最適なタイミングを知ることができる

「スリーセット理論」とは人は3回目の出会いまでにその印象が固定され、それ以降は変化しないという理論です。

1回目の出会い、つまり見た目によって第一印象が決定されます。

2回目の出会いによってその第一印象が再評価されます。ここで、第一印象が正しかったかを確認してゆきます。

そして、3回目の出会いによってその人の評価が固定されます。すなわち、3回デートを重ねるとあなたの印象は意中の異性から固定されます。

したがって、3回目以降のデートは何度行ってもあなたの印象はそんなに変わったりはしません。

「スリーセット理論」を使用した告白のタイミングはいつ?

「スリーセット理論」によると3回目のデート以降に告白するのがベストだと言えます。

なので、1,2回目で告白はせずに3回目以降に告白するようにしましょう!

もちろん、何度もデートを重ねることで、愛着や信頼関係などが積み重なってゆき告白の成功確率が上がることもあるので、必ずしも3回目のデートで告白しなければならないわけではないですよ。

あくまでも、3回目以降を告白するタイミングの目標にするのがよいでしょう!逆にゆえば、それまでに自分の印象を相手に好意的に見られる必要があるということです。

その方法はまた次回、紹介しますね。

「メラビアンの法則」を利用した相手に好印象を与える方法!

オーディオブック
AUDIBLE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする