【年収UP!!】ゴールマンの仕事ができる人の条件

企業120社を調査した結果、

従業員が優れた成果を上げるのに必要な能力は、

感情コンピテンス

と答える雇用主が一番多いことがわかりました。

これは、ハーバード大学で心理学の博士号を取得した

ダニエル・ゴールマンの著書

EQ こころの知能指数

で説明されています。

感情コンピテンスとは?

変化に対応する力 

障害を乗り越える力 

キャリアアップの意欲 

リーダーシップなど

今回は、本著を参考にし、

仕事で出世するために必要な条件を紹介します。

これらは、おっさんになってからでも習得できるので、

今から知っても遅くないですよ。

こんな人にオススメ

年収アップしたい人 

出世したい人

リーダーシップを身に付けたい人

一番簡単に年収UPする方法は読書↓

スポンサーリンク

出世するにはIQよりもEQだった!?

IQとは知能指数のこと。つまり、学力や頭の良さです。

EQとは、こころの知能指数のこと。つまり、相手の感情を理解し、

自分の感情をコントロールする能力のこと。

ゴールマンによるとIQが高い人が、

必ずしも仕事で成功するわけではないそうです。

仕事で成功できるかIQで判断できるのは25%くらいで、

残りの75%はEQが関係していると述べています。

つまり、成功するには知識や技術よりも、

衝動や感情を上手にコントロールできる能力のほうが

大事なんですね。

さらに、デイビッド・マクレランド(アメリカの心理学者)も

アメリカンサイコロジストの論文で、学力テストや知能テストでは、

仕事で成果をあげるかを予測することはできない

といっています。

EQはいつでも習得できる

IQは十代以降はそれほど伸びません。

若いうちに知能はだいたい決まってしまします。

しかし、

EQはあとからいつでも身に付けることができます。

今からでも遅くありません。

誰にでも習得できます。

EQを伸ばせるかはあなた次第です。

感情を上手にコントロールすることができれば、

仕事で成功しやすくなりますね。

【ゴールマン】の仕事で成功する人が持つEQ

ゴールマンが述べている仕事ができる人が持っている

EQはこちらです。これから説明しますね。

自己認識 

自己統制 

モチベーション 

共感性 

社会的スキル

自己認識

これは自分の感情を認識する力です。

自分の感情を認識し、適切な判断をすることができる能力です。

自己統制

倫理観がある人で、精神的苦痛から回復し、

感情を上手にコントロールできる能力です。

モチベーション

目標や基準を設定し、達成する力のこと。

意欲があり、障害や挫折を乗り越えようとする力があります。

共感性

他人の感情や考えに共感し、理解できる人。

また、周りに影響を与える力があります。

社会的スキル

相互支援の関係を作れる人。

周りと協力して結果を出す力があります。

【ゴールマン】の優れたリーダーの条件

ゴールマンによると、

このような人は優れたリーダーになれると述べています。

大局的見地 

政治的認識 

自信 

直感

大局的見地

全体を俯瞰してみることができる能力。

全体をみて今後の方向性を決定できる人。

政治的認識

誰と誰が仲がいいのか、仲が悪いのか理解し、

利害関係を調整できる人。

自信

自分の能力を信じることができる人。

直感

無意識のうちに正しい判断が下せる人。企業経営者の多くは

最終的には自分の直感を信じている。

【ゴールマン】の出世できる人できない人

ゴールマンによると、出世ができる人とできない人には

以下のような特徴があると述べています。

あなたにどれくらい当てはまっているか、参考にしてみてくださいね。

出世ができる人の特徴

批判に耳を傾けることができる 

技術や知識がある 

率先して行動する 

他者への気配りができる

出世ができない人の特徴

傲慢 

協調性がない 

変化に対応できない 

自己能力を過信している

どれくらい当てはまっていますか?

以上のように仕事で成果を上げるには、

学力や知識よりも、

感情をコントロールする力の方が大事です。

感情をコントロールする方法や、

ストレスに対応する方法などもっと知りたい人は、

コチラからどうぞ↓

心理学恋愛どっとねっと

コメント

タイトルとURLをコピーしました