【チャルディーニ】の自動的にYESと言わせる方法【5選】

社会的影響力と説得力に関する研究の第一人者

ロバート・B・チャルディーニ

の名著

影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか

から、

自動的にYESと言わせる方法

5選を紹介します。

こんな人にオススメ

騙されたくない人 

仕事で営業成績を上げたい人 

告白を成功させたい人

スポンサーリンク

【チャルディーニ】YESと言わせる方法【5選】

この5つを満たされた相手は、

必ずYESと言ってしまうでしょう。

それは、この5つです。

返報性 

一貫性 

社会的証明 

希少性 

好意と権威

チャルディーニって誰?

アメリカの社会心理学者で、ノースカロライナ大学で心理学の

博士号を取得し、発表した論文は100以上。

社会的影響力と説得力に関する研究の第一人者

チャルディーニの本はここで読める↓

【返報性】でYESと言わせる

返報性とは、

贈り物やお礼など、恩義を受けたらお返しをしなければ

ならなくなる心理のこと。

心理学の研究によれば、これは相手が好きか嫌いかには関係なく、

嫌いな人でも受けた恩義は返そうと思うそうです。

この返報性は、このようなことに利用されています。

例えば、募金活動でよく見られますね。

街頭で募金してる時に、

花などもらったことありませんか?

単純に募金するよりも、花など何かいただいてしまうと、

募金しないと悪いと感じませんか。

このうしろめたさを感じるのが、返報性となります。

【もう騙されない】返報性に注意すること

営業マンから何か無料でもらったら、好意以外になにか

裏の意図がないか考えましょう。

例えば、無料でサービスを受けたあと、もっと大きなセールスが

待ってるかもしれません。

また、個人情報を得るためにやってるかもしれませんよ。

【社会的証明】でYESと言わせる

みんなで渡れば怖くない。

社会的証明とは、周りと同じなら安心だと思う心理のこと。

他人がしている行為は気持ちがいいものです。

例えば、TVのお笑い番組で観客の笑い声があると、

面白いと感じませんか?

志村けんのバカ殿など、笑い声が挿入されていて、

この社会的証明を利用しておもしらさを増加させています。

1964年 NYでの事件

急ぐパトカーのイラスト

例えば、こんな事件がありました。

1964年 NYで女性が3回襲われ殺害されました。

その時、周囲には目撃者が38人もいましたが、

誰も助ける人はいませんでした。

後で理由を尋ねると、みんなが

「他の人が助けるだろうと思っていた」そうです。

このように、人間が行動するには社会的証明が必要で、

みんなと違うことはしたくないんですよ。

【もう騙されない】社会的証明で注意すること

みんながしている行動は自然としたくなるもの。

行列ができているお店は並びたくなる

みんなが購入しているものは欲しくなる

でも、ちょっと待って!

それ、本当に欲しいものですか?

【希少性】でYESと言わせる

希少性は少ない物ほど欲しくなる心理のこと。

入手困難であったり、残りあと僅かだと

欲しくなっちゃいませんか。

人は、豊富にあるものより、

手に入りにくい物に惹かれます。

コロナ禍のなか、トイレットペーパーやマスクに

殺到しましたよね。

あの時を思い出して下さい。

冷静に判断できましたか?

【もう騙されない】希少性で注意すること

これは転売屋や小売店がよくやる手法です。

いつも在庫が少ないと宣伝する

入手困難だと宣伝する

このようにされると、欲しい物でなくても購入してしまったり、

法外な値段で購入してしまったりします。

冷静に判断しましょう。

トイレットペーパーが本当に入手困難になるのでしょうか?

【好意と権威】でYESと言わせる

好きな人の言葉や権威のある人の言葉は

信じやすいものなんです。

例えば、大企業の社長、医者、専門家、

身近で言えば会社の上司など・・・

このように自分よりも知識や経験のある人のことは、

信じやすい傾向にあります。

【もう騙されない】好意や権威で注意すること

好意のある人や権威のある人が

すべて正しいわけではありませんよ。

例えば、医療事故や経済学者の経済予測など、

間違うことも多いですよね。

彼らの言葉をすべて鵜呑みにするのではなく、

理性的に判断しましょう。

迷ったら、周囲に相談します。

自分だけで決めないことも大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました